Defiled 2017.04.28@DDD青山クロスシアター

 

 

社会人になって1ヶ月が過ぎようとしています。

つらいですね、社会人。仕事始めたばかりの慣れないこのつらさ、久々に味わってしにそう。月曜から木曜までほんと泣きそうになりながら仕事してたけど、金曜に店長からありがたい激励やセクハラを頂戴してやっと元気になった。そしてDefiled

 

思えば結構長い間現場がなかった。最後に行ったの何だったかなと思い返したら2月あたまのお渡し会ですよ。約2か月!!!!!!長かった。仕事始めてからは毎日次の現場のこと考えてました。

 

 

 

それにしても舞台の感想って上手く書けない。自分の解釈が間違っている気がしたりはたまた話が全く理解できていない時もある。Defiledは比較的私の中では分かりやすい内容だったんだけど、それでもハリーという男の捉え方って人それぞれなんだろうなと思いました。

まず、私は途中までハリーを少年あるいは20歳そこそこの年齢だと思って見てました。予備知識0なので原作のハリーを知らないんですが、戸塚くんの演じるハリーには幼さを感じたんですよね。確かに頭はいい。口も立つ。でもその衝動性といい傷付きやすさといい、決して破壊欲にとらわれた”キチガイ”なんかではなく、信念を曲げられない子供なんだなぁと。ハリーを見ながら頭に浮かんだのは、癒し屋キリコの約束における上山涼でした。どこか類似したこういう役が戸塚くんに与えられるのは納得するし、戸塚くんが演じることで、こうした男にはどこか幼さが伴う。

やはりハリーは、ブライアンが言う“難しいヤマ(キチガイ)”と“チョロいヤマ(理屈の分かる人間)”のうち、チョロい方に属するはずだったんですよね。ブライアンの理屈が全く分からないわけではなかった、むしろ頭では分かっているけれど自分の信念を曲げられなかった、そういう男なのだと感じました、私は。きっと全然死にたくなんかなかっただろうからあの最期は可哀相だったけど、彼が自分の頑なな信念に折り合いをつけるには、ああなる他なかったのかなとも思います。

 

ブライアンがこの交渉を「難しい」と言ったのは、ハリーがキチガイだからじゃないし、彼を喜ばせるためでもない。彼の純粋さにぶち当たったからなのではないかなあと。“ディファイルド――気高く・神聖なものが汚されること”。ハリーや図書館を守ることと、ハリーの純粋さを守ること、ブライアンはどちらも汚したくなかったのだろうなあ。

 

 

 

私が観てて感じ取れたのはこの程度です。あとは戸塚くんいい尻してんなーとか思ったくらいです。分かりやすくて、でもいろんな感じ方の出来るいい舞台だなあと思いました。あのばかみたいなキャパも、密室に立てこもるという設定には向いていたんだろうな。生声の演技っていいですね。

戸塚くんはくれぐれも喉潰さないようにして千穐楽まで頑張ってください。